中国の眼科医、タンザニアで白内障患者を支援

作者:New門 来源:だからスポーツは面白い 浏览: 【 】 发布时间:2023-04-02 03:33:59 评论数:

   ザンジバルにあるムナジモジャ病院で、中国障患者を支援ムーシンさんの術前検査をする董莉莉さん。の眼(2月23日撮影、科医ザンジバル=新華社記者/董江輝)

中国の眼科医、タンザニアで白内障患者を支援

   【新華社ザンジバル3月9日】中国の第32次タンザニア支援医療チームの眼科医、タンザニアで董莉莉(とう・れいれい)さんは江蘇省泰州市人民医院から派遣され、白内同国ザンジバルにあるムナジモジャ病院で眼科診療と医師の指導をしている。中国障患者を支援患者のムーシンさん(46)は3年前に左目が見えなくなり、の眼若年性白内障と診断されたが、科医董さんの手術を受けた翌日、タンザニアで左目の視力が0・3に回復した。白内董さんは昨年10月に現地での診療活動を始めてから、中国障患者を支援白内障手術を297件行い、の眼患者に希望の光をもたらしている。科医pagebreak

中国の眼科医、タンザニアで白内障患者を支援

中国の眼科医、タンザニアで白内障患者を支援

ザンジバルにあるムナジモジャ病院で、タンザニアで術前検査の準備をする董莉莉さん(右)。白内(2月23日撮影、ザンジバル=新華社記者/董江輝)pagebreak

ザンジバルにあるムナジモジャ病院で、手術着に着替える董莉莉さん(手前)。(2月23日撮影、ザンジバル=新華社記者/董江輝)pagebreak

ザンジバルにあるムナジモジャ病院で、術前に現地の同僚と話し合う董莉莉さん(左)。(2月23日撮影、ザンジバル=新華社記者/董江輝)pagebreak

ザンジバルにあるムナジモジャ病院で、ムーシンさんに超音波乳化吸引術を施す董莉莉さん。(2月23日撮影、ザンジバル=新華社記者/董江輝)pagebreak

ザンジバルにあるムナジモジャ病院で、ムーシンさんに超音波乳化吸引術を施す董莉莉さん。(2月23日撮影、ザンジバル=新華社記者/董江輝)pagebreak

ザンジバルにあるムナジモジャ病院で、手術を受けた翌日のムーシンさんに視力検査をする董莉莉さん(左)。(2月24日撮影、ザンジバル=新華社記者/董江輝)